1998年12月24日

WOOD BIG YAWN -GUERRERO SPECIAL-

ポッパーやダーターといったタイプのプラグで仕とめたバスというのは、なぜか充足感が違う。一匹の価値が重いというか、いつまでも心に残る魚との出会いが多い様に感じる。特にフルサイズ(5/8oz.以上)のポッパータイプは、なんとも不器用で扱いずらい感は拭えない。しかし、扱い方次第で様々な表情を見せる奥の深さを持ち合わせているのも事実。
ダーティングポッパーの持つ技量をより解りやすく、細分化する為に BIG YAWN には、上下2ヶ所のリーダーアイを持つハートアイを取りつけた。上のアイにラインを結ぶと下アゴに水を受けて、低く湿った音を出す。岩盤や立木の際などのここ一番というスポットで、単発的な動かし方の時に使う。少し長めに引いてやるとカップの両端から泡を吐き身体をくねらせながらダイブする。活性のある大きなバスに有効だ。ただし、ポーズは長めにとるということが前提。夏の夕暮れ等に、最高に似合うバスプラグらしい扱い方ができる。下のアイは小さく乾いた音を出す。ダイブは浅く、スローリトリーヴをすると水面直下をウォブリングする。又、ラインスラックをとって弾いてやると、左右に切れのいいスライドを見せてくれる。上のアイでは反応の鈍い時、タフな時、気分を変えたい時など、他のタイプのプラグに手が移る前に使っていただきたい。

至福の時間を与えてくれた、レイク・ゲレーロにこのプラグを捧げる。
posted by quiet funk craft works at 00:00| 日記